スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

michiworkならまち出店情報にちょっと追加ランチのおすすめお野菜です!

先ほど「michiwork」さんの

奈良県興福寺近くで行われる手作り市「クラフトサーカス]」への

1/22緊急出店情報として「staff」お伝えしましたが

ちょっとそういえばこの時期のあのお店の追加の情報を急に思い出しました。


お食事の情報です!!

「staff」は音楽もとても大好きですが食べるのもかなり大好きです。


奈良県はは結構お野菜が有名だったりします。

冬の寒い時期はお魚と思われがちですが実はお野菜も美味しい時期が冬です。


しかし有名な美食家の方が「奈良には美味しいものがない」なんて語ったのがきっかけで

ずっと「奈良には美味しいものがない」なんて何十年も言われてきたらしんですが


ここ数年の間に美味しいものを出してくれるお店がたくさんできてきて

雑誌の特集やテレビのグルメ番組で取り上げられることもしばしばあるくらいです。

奈良県に本当に美味しいお店が増えることはいいことですよね。


全国レベルで有名になったこってりの豚骨ラーメン屋さんとか

ナチュラルなお店としては線路沿いでいつの間にやら全国レベルお店とか

囲炉裏で有名な隠れ家的な炭火焼のお店だってあるし

東大寺の近くは超有名なミシュランの星とったお店までちゃんとありますよね。



今回は「michiwork」さんのならまち緊急初出店ということでちょっとならまちの

おすすめのお野菜のお料理を頂けるお店をちょっとご紹介します。

実はならまちにはちょっと有名な関西のグルメ雑誌あまから手帳やテレビの取材など来るお店があるのです。

(安いうまいがボリューミーが心情の関西ウォーカーとかではなしちゃんとしたグルメ情報ですよ)


奈良町でお野菜のお店で有名なのは2件だったと思いますが

増えてるようでしたらまた「staff」に情報くださいね。

(本当はランチよりも夜のお食事が2件とも断然いいですからぜひ夜に行っていただきたい!!)

→「粟」ならまち店さん

→「旬菜ひより」さん


「staff」はどちらのお店もおうかがいしたことがありちゃんと味わいましたよ。


今ホームページにのってるランチメニューは食べてませんが

そんな中で僕のおすすめは「旬菜ひより」さんです。

「粟」さんもかなり食べログでも高評価ですが

おそらく和風な「」さんはとくにランチは予約制で断られることでしょう。


それよりもお店がちょっと洋風な「旬菜ひより」さん。


食べログではお店の方が人をみて・・・なんて冷たい評価も一部の方でありますが

僕は全くその方は違うと思うんです。


食べに行けば私たちは確かにお客さんですよね。

でも食べに行ってお食事を楽しくいただくのはお客さんとお店との協力関係がないと生まれません。

そんな事がたしか関西のグルメ雑誌「あまから手帳」にも書いてあったような気がします


ですからよく見かけるんですが上から目線でお客さんだって態度ではなし

お店といい関係を築けるように食べる方も心を開いてそっと心遣いが秘訣だと思います。


ちゃんといい関係が生まれるとお値段据え置きでちょっとお高い食材にコソッと変えてくれたりして

こそっと他のお客さんにバレないように「今日はこちらのほうがおすすめなので」とか

ちょっと珍しものが手に入ったのでといって味見をコソッとさせてくれたり

いろいろうれしいことがほんとにいっぱいあるんですよ。

(ここだけの話ひよりさん2回めの訪問でコソッとサービスして頂きました。)

食べログに冷ややかに投稿された方はきっとお店とのいい関係を築けなかったんでしょうね


あくまでお店に対して偉そうにしたり食べに行っても

お料理をほっといて喋ってばっかりの人よくみますが(女性の方は特に多イイですよね!)

そういう方はファミレスとかファーストフードとかでいいんじゃないでしょうかね


わざわざお食事に行かれても喋ってたらほんとにお料理がまずくなってるでしょ

きっと最初の一口目二口目と違って最後は全く味も食感も変わってますもんね


はやく食べてあげないといつも美味しいタイミングでお料理で出してくれて

ほんと真剣にお料理を作ってらっしゃるシェフやマスターに失礼なんですから!!

主婦の方だったら真剣にお料理をする方のキモチとできたてを食べてほしいキモチわかりますよね。



すみません食べ物の話になるとつい熱くなっちゃってちょっときついこと書いちゃいました。

でもお食事を食べに行く時だけのお話じゃないと思うんです。


どんなお店でも客だからって上から目線で偉そうにはいけませんよね

そんなことだったらお店といい関係を気づくとかの問題じゃなしに

「もう二度とくるな!!」ってお店に思われてますよ!!


ここだけの話実はひよりさんのマスターはとても優しい方なので

是非マスターの手が空いてる時にそっとマスターにお野菜のお話を

こちらがお野菜好きなんですって態度で望めば優しくいい雰囲気にしてくれます。


いいお店はこちら側から心を開いて話しかけると

とって置きのお店の情報だって今日はこれ食べてっておすすめを必ず教えてくれます。

こちらが心をひらかないとお店の人はなにも語ってくれませんよ!!

ほんとはお店が客を選ぶんじゃなくって自分がお店を選んでしまっているのです。


それにマスターに紹介していただいたんですがひよりさんのシェフは女性のかたでしが、

和歌山県の今は廃れましたが当時はすごかった傍流名なホテルの黄金期の出身の方で

女性ならではの繊細な味付けの味で「staff」は素材の味を生かしたお料理に感激でした。

マスター自らお店のランチとディナータイムの合間にも「ひよりさん専属農園」にわざわざ行かれて美味しい野菜を作ってます。

(お店といい関係を保てれば自身のあの一品を紹介して頂けるでしょう)


ですからそんな自分たちで作ったお野菜を

素材の味を生かしたお料理で提供してくださるから気持ちもこもってます。


あぁいかん!!

ほんとに食べ物のお話も熱くなってしまって長くなってしまいました。

「staff」板さんとかシェフとか小さい時から料理の世界に憧れてたんです。

ですから食べ物への関心がすごくあるんです。

今となってはフードアナリストも捨てがたい!!



というわけで「staff」の言いたかったことは

お店で最上のサービスをしていただくには決して偉そうな上から目線の態度はいけませんね

お店とどれくらいいい関係を築けるかそれはお店を訪れた方あなたのお力ですよみなさん。


ぜひお店といい関係を築いていって下さいねみなさん。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 楽しいですね^^

> staff 様。おはようございます。
>
> 私も食べる事は大好きで、同じ位お酒も大好きです。
> ですので、行きつけのお店が何件かあって、(一人でも行きます)staff様のおっしゃる「いい関係」という表現、本当にうなづけます。
> ちょっと力の入ったコメントに笑いながらうなづきました。実際そうなんですよね!
> 「はよ食べや!!」みたいな気持になる人・・・います。それと「本当に分かってる?」みたいな人。それと小食で~って人。は~楽しくないって思ってしまうんです。連れて行って損した、みたいなね。
>
> 男性も女性も感想を言いながら、温かいものは温かいうちに、作りたてをほおばるのが一緒に食事をしていて気持ちがいいですね。
> 私の夫は、食べる事が大好きなだけでなく食べ方が綺麗で、そして気が付いたら食べきっている・・・交際している時期は「私のがない~~泣」なんて事が多かったですが、今は「食事は戦い」だと肝に命じました(笑)
> ですから最初から食べたいものは確保。それしかありません!!^^
>
> おまけに私も夫も店主としゃべるしゃべる。ですから一人で出向いちゃうんです。
> そういう出会いが大好きで、お客さんとも沢山知り合えてその流れで人生論語ったり、励ましたり励まされたり・・・大笑いしたり、時には涙したり。そんな小さな社会の中で、幅広い年代の男女に教えられた事は、まだ考えの幼かった私を育ててくれた部分が大きいとさえ思います。
>
> 地元に京料理の修業をし、そして開店して20年程経つお店があります。
> 食事は美味しいのは勿論なのですが、板長のしゃべりが楽しくていつも笑わせてもらってました。
> お値段が高いのもあって年に数える程しか行けませんでしたが、1昨年久々に出向いてみたら時代の流れでしょうか、リーズナブルなお値段でコース料理以外に「お酒のあてコース」みたいなものから、段階ごとに選べる様になってましたね。
> 再会を祝して、その後板さんとカラオケスナックに行き、はしゃいで帰りましたけど(笑)
> 私の失敗や、人生の断片を知っている上記の板さん始め、その他の店主の方々には心の拠り所になって頂いたり、教えられる事が多かったです。
> 元来私は甘えん坊なんですよね。ハイ。
> これも末っ子だからだと思ってます(照)
>
> 美味しいお酒と、美味しい食事。楽しいお話。そう、staff様のおっしゃる様に、店主が「これおまけね」と小皿にちょこっと出してくれる珍味や、珍しい食材が嬉しいもんですよね!分かります。私もこれ、好きです。
>
> ところで
> 先日知り合いのお話の中で「明太子の燻製」なるものを生まれて初めて知りました。実は私は九州出身なのですが、地元のお土産屋にも無かったですし。これはいかん!と早速お取り寄せ^^
>
> 燻製の香り。そしてそして、からし明太子の味・・・日本酒か焼酎に合いそう。残念ながら今は飲めませんから、ご飯のお共に。
> 期待した程の感動は無かったですが、実に「うまい具合に燻製にしてるな」と思います。外側だけがちょっと硬くなっただけで中身はソフトなんですよ。
>
> あと、北海道の珍味で必ず買うのが「甘エビの塩辛」これは絶品です!!
> ただし、メーカーによってハズレもあります。甘エビが固くなっていたりするんですよ。
> 塩辛と言っても、辛い訳ではなく、旨みと甘エビの食感。これで何杯飲めるかな?って位楽しい味わいです。
>
> 是非、試して頂きたいと思い、コメント致しました。
> カンパ~イ!と言いつつ、全身の細胞が喜ぶ瞬間を堪能して下さい。





どか~んyumiさん

音楽と映画だけじゃないんですかyumiさん(・_・;)

まさかこんなところに書き込みがあるなんて予想だにしないことになっちゃいましたよ!!

えらいこっちゃ(・o・)

実はねこの記事はねほんとにねちょっと打ち込みながらねだんだん思い出すとイライラしながら投稿した記事なんですよ

こんなトコロまでyumiさんに読まれてるとはもおまいったなぁ(^O^)

ちょっともう恥ずかしいくらいですお酒が入らないともう語れないくらいですよ



yumiさんはお酒が大好きなんですね

実は僕もと言いたいところなんですがねこれがちょっと情けない話でね

サラリーマンやってたときは全然飲めなかったんですよ

血統はね同じくyumiさんと九州人なのに実はお酒にメチャクチャ弱かったんですよ数年前まで(^^)


でもねyumiさん

ちょっと僕はyumiさんと全く逆な人生を送っているせいで

これもすごく悩んだんですけどこれは非公開コメントなので幸せなyumiさんに嫌われるかもしれないんですけど

でもお酒のお話する上ではすべて事実なので思い切って打ってしまいます世間ではよくある話だ。

あぁなんだか音楽歌詞の聞き取れない時のコメントに似てきたぞ告白コーナーか!!


実は僕がお酒を教えてもらったのyumiさんよりちょっと年上の女性の方なんです。

麻里さんよりはちょっと下といったところでしょうかね

お酒のわりと強い方でほんとに焼酎のロックばっかり呑んでるんです

当然お酒の飲めない僕もやはり焼酎のロックになっちゃうわけで最初はほんと目が回りましたがなんとか数年かけてロックで3杯から4杯までなら到達できるようになれたんですが

温かいものは温かいうちにほんとにそうしながらね二人で感想を言いながら、本気でね食べることを楽しんでました。

と言っても食べるだけではないですよちゃんとね楽しくねお話しながらですよ

きっと求めるものや共感できるものがおんなじだからなんでしょうね

でっもまずいのが出てきたらボッタクられてる感じがしてましたからテンション下がるし二人して食べるのがもうめっぽう大好きなんですね

もう2度と行かないお店もそんな調子だけにたくさんできてしまいましたけど


それにyumiさんも感じられたように「はよ食べや!!」いるでしょう

そんなに喋ってばっかりでそこらの安い居酒屋行っとけって人たちほんとにたくさん見ましたよ

でもyumiさんの旦那さんも食べ方が綺麗なんですねすごくいい旦那さんですよ

やっぱり綺麗に気持よく食べてくれたらね作ってらっしゃる方がほんとにうれしがってくれますよね。(仲良くなりすぎるとマスターがしゃべりすぎて食べれない時もありますが・・・)

でもね僕だって旦那さんには負けませんよyumiさん

ほんとにお魚だって綺麗に食べちゃいますからおいしかったお出汁やソースまでお勉強と称しながら思わずペロリってはしたなくやってしまいます。

でも旦那さんとね「食事は戦い」は避けたほうがいいんじゃないんですかねyumiさん

だけど旦那さんもイケませんよねyumiさんの分ちゃんと残してないなんて


気が利くお店はわざわざ分け分けして盛りつけてくれますが

ほらなぜかお料理は盛り付けが綺麗に見えるせいか何故か奇数が多いでしょ

きっと今はお子さんがいらっしゃるからお子さんにyumiさんが食べろ食べろでそれどころじゃないと思いますが

そんな時は僕は昔っから半分コッコですよyumiさん

「食事は戦い」なんてことなくなってもう少し構えずお食事が楽しくできるのかなぁなんて思いますよ。

今後はいかがでしょうか結構お勧めですよ



それにほんとねお酒がねちょっとまだ弱い僕は誰かいないとちょっと不安になるんですがさすがyumiさん

yumiさんは一人で呑みに行っちゃうなんてカッコいい(^^)

そうやって行きつけのお店に常連さん同士顔見知りになったりしてたまに来てらっしゃらいときはあれどうしたんだろう最近見てないなんて変な心配したり

いきなり仲良くなって色んなお話をさせてもらったりほんと人生についていろいろと僕はお酒が飲めなかっただけに沢山勉強させて頂きました。

日頃はギクシャクしてる社会なのにお酒がはいるとすごくドラマティックな人間模様に早変わりですもんね

ほんとお酒は大人の社交場お酒が飲めないのはすごくもったいない時間を過ごしてるんだなぁなんて思ったくらいですからちょっと僕はお酒にコンプレックスも持ってたんかもしれませんね


それにyumiさんの地元にもあるんですね

ちょっとお高いお店でなかなか足はそう簡単に運べなくって

当然料理だって一流の和のお店なのにもうなんでなんでしょうね板長さんや店主さんのおしゃべりなことおしゃべりなこと

お客さんがいっぱいなのにわざわざ店主さんのカウンターの前に席を用意してくれて店主さんが喋りまくるんです

でもせっかくの職人さんが時間をかけて手間暇を惜しんで盛り付けまで気を配っていただいてくれてるお料理なのに

よりによって板長さんや店主さんの話がすごすぎてもう食べられないんです

料理人さんってほんとおしゃべりな方がすごく多いですよね

一生懸命お料理作ってらっしゃる職人さんたちにこっちが申し訳無くなってしまいます


でもなんなんでしょか僕実は御ヒゲ上も下も生やしてるんですけど覚えられやすいのかな(yumiさんの僕のイメージとかけ離れていたでしょうか?)

沢山のお客さんのいるお店とかはあまり行かずちょっと落ち着いた中級クラスの割烹屋さんや日本料理やはたまた焼き鳥屋さんなどその辺界隈のいいなって思うお店に出没してるんです

年のせいでしょうか昔は苦手だった和食にはまってしまった

でもちゃんと大衆的なところも行きますよチェーンの居酒屋さんとかラーメン屋さんとか

だけどそんなお店に出入りできたのは僕の力じゃないんです

僕にお酒を教えてくれた方の力で勉強させていただいたわけで・・・(T_T)


でもなぜかその方と訪れるせいもあるのでしょう板長さんや店主さんに覚えられてしまうんです

その時のまた美味しいものが食べたいからすぐに今日のおすすめなにんなて聞いてしまうからでしょうか

そうなると困るのがたまにこの前どこどこのお店に言ってたやろなんて言われてからかわれたりしてどこでが情報がまわってるのかもう不思議です


だけどそんな長い間見てきたお店がリーズナブルなより大衆的なメニューに変更されてるのを目の当たりにしてしまうとちょっと悲しくなってしまいますよね

ほんとねお店のこと知ってるだけにね辛い瞬間ですもんね



でもyumiさんすごい板長さんとスナックまで行っちゃったんですね

yumiさん辛かった事や人柄を知ってらっしゃるお店はきっとほっと出来る落ち着けるお店なんだろうな

そんな板長さんきっとあたたかい良い人なんだろうな

板長をつとめるってことは会社で言う人を育てる立場でありまとめて行く人間的に器の大きな人しか務まりませんもんね

きっと板長さんは心の広いyumiさんをも甘えさせてくれる度量の大きな人なんでしょうね

職人さんはほんとキモチが優しい人が多いですから


ちなみに僕は店主さんから同じく誘われるんですがそこで長居してる分朝までお酒を呑むのはさすがにお酒に弱い僕は無理そうだったので堪忍してくださいって許してもらってます

他のお店の方とはちょこちょこ行くこともあるんですが・・・


でも美味しいお酒と、美味しい食事。楽しいお話。ほんといいいですよね

お店の人ともほんと自然と仲良くなってしまいますし裏話もいろいろ聞いてみたり

ちょっと落ち着けるお店で良い感じだったんで隔週のように行ってたお店なんて信じられないことに全部裏メニューなんですよ

一応看板はお鍋やさんで普通の会席料理やなぜかお肉も食べられたりほんとお店を知らないとただの鍋屋さんなんですがいろんなお料理を経験された職人さんがおられるみたいで

なぜかどっかの国の皇太子さんとの写真があったりお相撲取りの白鵬さんなんかも来られたり(なんでもそこの会長さんが白鵬さんが相撲諦めてモンゴルに帰ると言い出した時かなりお世話をしたことがご縁らしんですけど)

板長さんは元ホテルの調理人さんで某有名ホテルのお料理なども作ってくれますし

なんでこんなトコロでこんな料理が出てくるのかもうそのお店の方と親しくなるほどにメニューにない料理ばっかりでおののきの連続で数年間はメニュー開いたこともないんなんてことも

ほんと味見どころではないんですサービスするからあれもこれも食べていって言われるけど食べられないから勘弁して下さいって事になっちゃったり

はたまたこんなメニューはどうだろうってお店の方と新しいメニューを考えてみたりほんとに変な関係なんです

だけどなんというのかやはりこちらが食べさせていただくキモチじゃないとそんな関係は生まれませんよね


それだけにyumiさんとそんなお店のいい関係

僕もねまあお酒を教えていただいた方の力で勉強させてもらってやっとわかったことなんですが

お店の方や他のお客さんと仲良く出来るのはyumiさんのいい人柄がないと絶対に生まれることがないと思うんです

そんなところがねyumiさんの素敵なところなんですねそれがyumiさんのコメントを拝見して伝わって来ました


ほんとに高飛車に俺は客だぞって偉そうなことばっかり言う人達いますよね

お前そんなにえらいんかってくらいの人たち

確かにお客かもしれませんがでも食べに行ってお食事を楽しくいただくのはお客さんとお店との協力関係がないと生まれませんよね。

あくまでお店に対して偉そうにしたり食べに行ってもそんなのほんとに気持ちがいい食べ方じゃないですよね

お店に対して本当に失礼な人たちだなって心からそう思ってしまうのです。

でもその後お店の方となんやさっきの客わって盛り上がってしまうんですけどね


そういえばとあるブランド食材ばっかり取り扱ってるほんと連日お高いところなのにお客さんがついてる割烹屋さんのご主人も親しくさせていただいたんですが言ってましたよ

なんだかんだ言っても愛想だって

ほんとそんなにブランドもん置かなくっても美味しいものは美味しいのにご主人はお客さんがブランド物を好まれるのでそんな食材をそのお店は食べさせてくれるんですね

お料理はさすがに当然なんですが接客してくださる方たちがほんとに若い方もおられるのにきちんとお客様に対する心遣いができていて作り手とフロアの方が一体になって全力でお客様をおもてなししてくださり気持よく返して頂ける

そんなご主人のお店ですが結局は味よりも愛想が大事だって

そんな風にされたらお客さんはちょっと高くても居心地がいいのでついつい足を運んでしまいますよね

ほんとに心地よく返してくれるこれがおもてなしの心なのかって感じるお店で

なんかね商売のお勉強もさせてもらったりして

かたやこちらも親しくさせてもらってるんですがノンブランドでその日一番美味しいもの出してくれてほんとに素材の味を食べさせてくれたりしてほんと厨房設備なんてこんなのでお店よく回してるなって思うところなんですけどなんで美味しいのかと思ったら

実はご主人の親しくさせてもらってる方がミシュラン2つ星の日本でも多分有名なお寿司屋さんのご主人から教えてもらっってるとかひょんなところからものすごい情報が聞けておののいたり

実はとれたてのお魚は美味しいと思ってたんですがちょっとお肉みたいに食べ頃まで熟成させることによって旨味が生まれるとか目から鱗なこと教えていただいたり

逆にご主人からみたらこちらが気持ちよく食べてくれてるから思わず声をかけたなんて言ってくれたりお料理に対するキモチでつながっていくんですね

やっぱりこっちが興味を持って美味しいものを食べたいってキモチでいただかないとそんなお店との関係が築けませんもんね

また店主さんもなぜだか知らないですけどちょうどyumiさんくらいの方が多くって知らず知らずに話もあったりしてことさら仲良くなってしまうんですよね


でもねあんまりね勉強しすぎるのはちょっと良くないこともあるんです

お造りなんかマグロにイカにハマチに鮭にホタテに甘エビそのへんは変な話北陸とか海の近くでも出てくるんですけど共通点はみんな冷凍できるものばかりみたいでそんなこと聞いてしまうと実際に他のお店で見ちゃうとやっぱりそうなのか食べるとやっぱりそれでこんな値段でこれはないんじゃないかなって変に美味しく食べられなくなったり

この時期蟹の産地でも地元の方が言うには地元でも冷凍品が多く流通してそれでこんな値段がついてるのかとか

たまたま通りかかった海鮮で歌ってるお店などではなんだこの店は外国産のエビの天ぷら冷凍でお店に搬入してこの値段で堂々と商売してるのかとか

パン屋さんでもあらァ腕の悪い職人さんのいるお店だなとか

とにかくいらないことが目についてきて逆に美味しく食べられなくなることもあったりしてあぁなにも知らなければよかったってことも・・・


でもねyumiさんそんな夢の様な時間突然に終わっちゃいました

とうとう僕にいたっては夜なんて出歩くことも許されないことになったんです


冒頭に書いた幸せなyumiさんと全く逆な人生を送っていた僕なんですが

「michiwork」さんからはとうとう養育費やら賠償金やら言われちゃいました

それなのに3月3日はmichiworkさんと手作り市に出店しに行くというまったく変な感じですよ

そんなことがついこの間起こったんです

ほんと世間ではよくある話なんですけどね

しばらくはおとなしくしてないと周りがうるさくて会えないのかな

というのが僕のお酒にまつわるお話でした

ですからね最近ね僕のねBlogの更新も鈍ってたんです

それにそんな時にyumiさんに紹介していただいた名画ことさら身にしみました

それが僕の近況です

お酒も美味しいものも人生もお勉強の時間が終わっちゃったのかな

というわけで今は僕もyumiさんもお酒は飲めなくなっちゃいましたね


話は変わりますが

明太子の燻製いつの間にそんなのができたんですか!!

僕の親戚は九州の方がほとんどなんですけどね僕も知らなかったですよyumiさん

燻製は僕好きですしもちろん明太子だって好きです

燻製の香りにあのきめ細やかな明太子のお味もうお酒が絶対入りますね

中はほんのりソフトということは燻製されたカラスミのような感じでしょうかちょっとつまんでみたいですね

なんだか最近は明太子そのままをその場でチューブに入れてくれるお店もあるのだとか


それにこれは美味しかったですyumiさん「甘エビの塩辛」僕も食べましたよ

ほんと甘エビがいい感じにお酒にもよく合うように変身しちゃってほんと食べるとね旨味がね広がるんですよね


僕はほんとね食べもん大好きです

お酒で堪能しながら食べたのにまだ奥歯のまだ奥歯まで味が引いてイーッッ来る感じ!!

あぁたまらん味が引きまくる~って感じ

なんだこれこんなうまいもんが世の中にあったのかってあの瞬間

全身で感じるあの喜び

そしてまたお酒が進んでしまうのであった


あぁいつかyumiさんと共にお酒と美味しいもので共感したいですね

その頃はすっかりお酒僕が飲めなくなってるかもしれないですけど

それに僕は変な話テレビを見ない方なんですがやっぱり食べ物とか旅行への憧れでしょうか土曜の朝の「旅サラダ」は息の長い番組ですがづっと見続けてるんです

そういえば昔はお料理バンザイとかお料理天国とかたくさん見てたんですよ

きっと小さい頃からまだ食べたことないもんに憧れ続けてた食いしん坊なんですね

でもお料理に対するうんちくは知ったかぶりの人みたいにタレないですよ気持よく食べれるように心がけてます

心から美味しいお酒と、美味しい食事。そして素敵な楽しいお話。心地いい時間

それを求めてわざわざ足をお店に運んでしまうんですもんね

ほんと自分達がお店に対して心を開いてお店の方とも他のお客様とも心を通い合わせないと感じられないなっていうのが分かったことが僕の人生におけるとても貴重な体験でした

それにyumiさんのいい人柄がまたねすごくうれしかったな!!

だけどまさかだったんですがyumiさんがこのページに書込していただいてちょっと今の自分の状況とが重なり運命みたいなものもほんとに感じました

ほんとに僕はどっか~んだったんですから(・o・)

それだけに勝手に勝手なこと存分に書き込んでしまいましたほんと気を悪くしないで下さいね

もうほんとお酒でも入らないと語れないようなことでしたね

やっぱりyumiさんとは音楽や映画や食べ物のお話以外のものでつながってるのかななんて感じた瞬間でしたよ






生きてるって素晴らしい

staff 様

 連日ですが、またまたやってきました。
staff様の書き込みを読み進めていくうちに・・・気が付いたら私はボロボロ泣いています。
何故だかは分かりません。でも苦しい胸のうちを明かしてくれた事だけでなく、素直なstaff様の文章。そして、私自身も過去にいろいろありましたので、何だかぐっときてしまった、というか。

人生のどん底にいた様な時期、私は沢山の友人や、それこそ飲み仲間に助けられました。私は性格的に世間の目など気にはなりませんでしたが、自分の行動が果たして良かったのか、何度も問いかけていた時期でした。

でもね、staff様。 生きてるって事は沢山の感情を味わえて、沢山の人に出会えて、いい時ばかりじゃないですけど、「学べる」んですよね。
仕事もそう。未熟だった時期には気づきもしなかった事。今は自然に周りに配慮出来たり、育てる事の大事さ、自分のやってきた証を残す位置に立って初めて、30年という月日の中で培った力を発揮する素晴らしさに気が付いたりして。

ちょっと告白になっちゃいますけど私は思いました。きっとstaff様とは魂が共感する相性なのではないか?(大げさ?)なんて。
文字だけのコミニュケーションですが、最初から笑ったり、心を開ける感覚って初めてです。
staff様の文章から溢れる人柄が、私の心に響くんでしょうね。

お酒を教えてくれたその年上の女性の気持ち。本当に分かりますよ。
実は私もそんな感じで、年齢問わず、男性と飲む事が多かったので。
おそらく、staff様の人柄が心地よく、どこでも一緒に行ける間柄となったのでしょうね。

話は変わりますが、実は私、漁師の娘なんです。
とは言ってもそんなにお魚に詳しい訳ではないですが、魚好きで、中学生まではお肉よりお魚派でした。
でもstaff様のおっしゃる様に、日を置いて食べるとうまくなる(あえてここはこの表現)お魚ってありますね。全く違うものになりますね。びっくりする程。食べ比べた事ありますよ。「つばす」がそうだったと思います。

そんな私の実家で一番びっくりしたのは、帰省した時に普通に「マンボウ」が食卓に出た時です。
親戚も親も皆普通の顔して食べてるんです。
私だけ「え~~~~マンボウ?食べれるの~~~?」って騒いでました(笑)

私、マンボウが好きなんです・・・あの風貌がですよ!!水族館やテレビなんかで観て「わ~」って思う魚です。
食べるなんてっ!!って思いましたが、そこは人間、挑戦しちゃうもんです。人間ってすごいな~~~。
あ、ゼラチンみたいな感じでした。一切れ食べてやめました・・・

そう、staff様のおっしゃる「事情を知ってしまうと美味しく食べられなくなる」という事。そうなんですよね。。。仕入れはあそこなのか~とか、厨房の事情とか。
でも、私も思います。お店は味も大事ですけど、お店の方の人柄なんです。
私はそこを求めて、連れて行ってもらったお店のリピーターとなり、一人で出向く様になっていくんです。
ですからお店の方との相性が悪い場合は一人では行きません。美味しくないんですよね。そういう事なんです。
笑顔になれない。心を開けないってところでしょうか。女性が多いお店ってだいたいお店の方がとっても気が利いてます。で、男性も増える訳です。
で、たまに知らない人におごってもらえたりして・・・え?そこは遠慮なんてしませんよ^^だって私素直ですから(笑)

それと、裏事情を知っていても、そこはまあ、いっか~~~になるのもお店の方の人柄ですね。そこよりも食べさせてもらってる贅沢料と割り切って、思いっきり話に花を咲かせて、ワイワイやっちゃう方が楽しいですしね。

staff様はいろいろと美味しいお店を食べ歩いて楽しんだ経験があって羨ましいです。あ、私、カウンター好きです。お店の方と会話が出来ますしね。
ほんと、いつかご一緒出来たらいいですね。

来週は、会社の元上司や同僚と「焼き鳥屋」でお食事会です。
実は私が妊娠している事は誰も知りません。きっと皆想像もしていないでしょう。
思い切って告白して「ウーロン茶!」と言いつつ、美味しい焼き鳥を堪能してきます。
そこは人気のお店で、店長は関西人。面白くてノリがいいんです。で、
焼く姿がかっこいい~~~。思わず「店長~!」としょうもない話でも呼びたくなる方です。
つくねと皮が美味しいです。そして付き出しが美味しい。にんにくの丸揚げとか、ねっくなんかは必ず頼んでますね~。ぼんぼちなんかもありますが、私は苦手です。

冬場限定で一人鍋もしています。ピリ辛味噌味、塩味があって、トッピングは自由。〆はラーメン、ご飯、お餅、うどんから選べるんです。
私は塩で鶏肉野菜などを食べてから、ラーメンを〆に食べるのが好きです。

で、しつこく飲みたい時は「エイひれ」をあぶってもらってそれこそ、焼酎ロックです。「ノッてきましたね!」と店長のツッコミを聞きながら食べたりして^^

staff様。タイトルにも書きましたが「生きてるって素晴らしい」ですよ!!
どん底を味わったらあとは這い上がるだけ。今は時が来るのを待ってましょ。
苦しさは一生じゃないです。
人間皆平等に幸せになれる様になってます。絶対に。

って、本当にお酒を飲みながら語りたい感じですが、しばらくはおあずけですね。

お体に気をつけてお過ごし下さい。
春はもうすぐそこです、綺麗な花も沢山咲き出しました。
我が家の梅も咲いています。
春は、何かを始めるにはうってつけの前向きな時期です(勝手にそう思ってます)

応援していますよ。




flower-digiclock

decoboko.jp

プロフィール

michiworkstaff

Author:michiworkstaff
代表の「michiwork」さんと全く違う情報発信していく手作り家具と雑貨のお店「michiwork」のstaffによるBlogです。

でも誤字脱字は気にしないで下さいねみなさん!!

カテゴリ
michiworkへのリンク
staffのTwitter
最新記事
ナチュラル家具と雑貨のお店 Welcome! 「michiwork 」

マウスで見る方向変えられます

タグクラウドとサーチ

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
てんとう虫がうろちょろするよ(Twitter連携してます!!)

てんとう虫がうろちょろします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。